ははちえ

「おせっかい」と「お互いさま」で日本を明るく

好評!第9弾 3食材(卵、小松菜、なす)くりまわし3日間 NO.1

約 4 分
好評!第9弾 3食材(卵、小松菜、なす)くりまわし3日間 NO.1

パーソナルシェフのともみです(o^―^o)

最近、日が短くなり暗くなるのも早くなりましたね。ここ数日間、秋を感じています。

第9弾は、卵、なす、小松菜を使った3つの食材で三日間、作りたいと思います。

食材もそうですが、鍋をあまり増やしたくないと思って少ない鍋でできる料理を考えました。

今回の献立

スパニッシュオムレツ
なすと小松菜のナムル
具だくさん味噌汁

スパニッシュオムレツ

材料(4人分)

卵4個
玉ねぎ1/2個
じゃがいも1個
ベーコン35グラム
ピザ用チーズ40グラム(とろけるチーズなどでもいいです)

作り方

1、玉ねぎ、じゃがいもを1センチ角ぐらいに切ります。


2、ベーコンは細切りに切ります。


早く調理を済ませたい場合は千切りにするなど、工夫をすると早く仕上げることができます。
3、フライパンを熱して、オリーブオイル少々を入れ、ベーコンを炒めます。
4、ベーコンの脂が出てきたら、玉ねぎを加えます。


5、玉ねぎが透き通ってきたらじゃがいもを加え蓋をして3 〜4分火を通します。


じゃがいもの大きさによって、火の通り方も違うので、時々確認してください。
じゃがいもの色が透き通ってきたら、火を止めます。
6、塩、こしょうをして冷まします。
7、ボールに卵4個、チーズ40グラム、6の冷めた具を混ぜ合わせます。
8、フライパンを熱して、オリーヴ油をひき、7を入れ焼きます。


この時に、フライパンを洗うのは面倒なので、キッチンペーパーで一拭きして、そのフライパンを使いました。
9、8割ほど焼けたら、蓋を使ってひっくり返して焼き上げます。

なすと小松菜のナムル

材料(4人分)

なす2本
小松菜1/2袋
すりごま大さじ2
しょうゆ小さじ2
砂糖小さじ1
ゴマ油小さじ1
塩小さじ1

作り方
1、なすはヘタを取り、ラップで包んで電子レンジ(600w)で2分加熱する。


2、少し冷めたら、縦半分に切って、斜め薄切りにする。


3、沸騰したお湯に小松菜を茹で、ざるにあげたら3センチぐらいに切って水気をしっかり絞る。
この時に今回は小松菜は2分の1袋しか使いませんが全部茹でて後は、ラップに包んで保存する。または、保存容器に入れて冷蔵庫に入れています。
私は、次の日に、これをごまあえにしたり少しアレンジを加えて利用しています(^_^)
次の日は、ちょっと楽ですね♪

味噌汁の具は、だいたい、いつもアレンジで、私の料理の場合、まごわやさしい、を考えて、みそ汁の具を考えています。
今回の献立に入ってないけれども我が家の冷蔵庫にある材料で考えました。

今回、味噌汁に入れた材料は、
玉ねぎ4分の1個
エリンギ1本
乾燥わかめ3グラム
なす1本

これで、今回の料理は、
ま→味噌
ご→ごま
わ→わかめ
や→玉ねぎ、茄子
さ→味噌汁の出汁はいりこ
し→エリンギ
い→ジャガイモ
揃いました

パーソナルシェフともみの一言

まごわやさしい料理!
和の食材の頭文字なんです。
ま→豆 (納豆、大豆、豆腐など)
ご→ごま(アーモンド、ごまなど)
わ→わかめ(ひじき、わかめなど)
や→野菜(ほうれん草、トマト、白菜など)
さ→魚(青魚や鮭など)
し→しいたけ(しいたけ、しめじ、エリンギなど)
い→いも(じゃがいも、さつまいも、里芋など)
昔からある和の食材です。
毎日の食事に積極的に取り入れたいです。

寄稿者について

tomomi
パーソナルシェフ、栄養士
家族は子供2人、主人1人です。

コメント

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント